東北を「日本で1番廃業の少ない地域」に

河北新報社とバトンズは、事業承継手法の選択肢を経営者に紹介して廃業の減少を目指す「東北 事業承継応援プロジェクト」を今年より開始し、その発足セミナー(7/15)に弊社が登壇しました。

M&Aの第一人者であるバトンズの大山社長からは「小さな企業は以前までは相手を探すのも難しかったが、今はインターネットを活用したM&Aによってその可能性が広がっている」と主流となりつつあるネットM&Aについて、また、実際にM&Aをされた加藤様からはご自身の体験談を、弊社と税理士法人MIRAIの市川様は東北におけるM&Aの現状や取り組みなどについてお話をさせていただきました。

ご聴講いただいた皆様、誠にありがとうございました。

東北地方では社長の高齢化が進んでおり、そのトップ3を東北地方(秋田、岩手、青森)が占めています※1

また、資産が負債を上回る「資産超過」の状態で休廃業をした東北の企業は年間約3,000件であり、これは倒産件数と比較して7~8倍の件数にものぼります※2

※1 帝国データ調査より    ※2 東京商工リサーチより

このような状況に対し、国内最大級のプラットフォームであるBatonzのオンラインマッチングシステムを主に活用することで、大手M&A仲介業者が手数料の問題等で手掛けられない中小零細企業を我々は支援し、東北を「日本で1番廃業の少ない地域」にしたいと考えています。

関連記事

  1. スモールM&Aの事例

  2. 秘密にしないオープン型のM&A

  3. 日本初の中小M&A向け表明保証保険(付帯保険としては世界初)

  4. 総合M&Aアドバイザー、Batonz認定アドバイザーとして認…

  5. 今はM&A(スモールM&A)のチャンス

  6. Batonzフォーラムに登壇させていただきました

  7. エムアンドエ―駆け込み寺東北

    スモールM&Aを支援する「エムアンドエ―駆け込み寺東北」発足…

  8. M&A支援機関として登録されました

最近の記事 おすすめ記事
  1. 新入社員研修の様子_ツーレイ(202020)_川口潤
PAGE TOP