総合M&Aアドバイザー、Batonz認定アドバイザーとして認定登録されました

「Batonz(バトンズ)」において「総合M&Aアドバイザー」「バトンズ認定アドバイザー」として認定登録されました。

Batonzとは国内最大級の事業承継マッチングサービスであり、国内成約実績数No.1の実績を誇ります。BatonzはM&A業界最大手の日本M&Aセンターの子会社である株式会社バトンズによって運営されています。

バトンズの設立当初(2018年4月)はBatonzユーザー数は3,000件でしたが、その2年後の2020年4月には40,000件を超え、現時点においては50,000件を超えています。そのなかで売案件は毎月200件程度が新たに登録されており、バトンズでは2年以内に年間の売案件登録数が年間10,000件を超えると予測しています。

現在、中小企業のM&Aは年間約4,000件程度と言われていますが、「中小M&Aガイドライン(令和2年3月)」では”小規模な事業者であっても、廃業以外の選択肢が現実的にあり得るとの認識の下、M&Aプラットフォームの活用を積極的に検討することが望まれる”とされ、中小企業庁は現在のM&A件数をその15倍の60,000件にすることを目標に「経営資源引継ぎ補助金」など様々な推進施策を実施しており、中小企業の、特に年商1億円以下の小規模M&Aはこれからますます活況になっていくと予測されます。

「ウチなんかを買ってくれるところなんてあるはずがない」
「廃業するしか道はない」

そんなことはありません。

最近では規模が小さくても、赤字が続いていても、例え債務超過であったとしても、譲り受けてくれる先が見つかることがあります。年商2,000~3,000万円の会社であっても、1,000万円で譲渡されるケースは決して珍しくありません。

親族内承継あるいは社内承継ができないから廃業・・・そう決断する前に、まずはM&Aの可能性を探ってみましょう。
ご相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 東北を「日本で1番廃業の少ない地域」に

  2. エムアンドエ―駆け込み寺東北

    スモールM&Aを支援する「エムアンドエ―駆け込み寺東北」発足…

  3. Batonzフォーラムに登壇させていただきました

  4. 今はM&A(スモールM&A)のチャンス

  5. スモールM&Aの事例

  6. 日本初の中小M&A向け表明保証保険(付帯保険としては世界初)

  7. 新分野展開、業態転換が加速する!?

  8. M&A検討中 自己破産申請

PAGE TOP