保険を使って利益の繰り延べをする意義とは?

お金を残す社長の習慣

相続・事業承継専門コンサルタント
有限会社エフピーマネジメント 大友 一夫

保険の一番重要な役割は、経営者の方へ万が一があった場合の事業保障です。

事業保障とは、従業員の給料・仕入れ先への支払・または借入金があれば借入金の返済原資等、会社を継続して行く為の資金となる事をいいます。

しかし、事業の継続がピンチになるのは、社長に万が一がおきた時ばかりではありません。外部要因による急激な売上減少等、その場面場面で資金と利益が必要となってまいります。

経営で一番重要なこと。それは「事業活動の継続」です。不況だろうが、今回のようなコロナ禍だろうが、事業を継続して行かないと大切な従業員・取引先・顧客、ひいては社長の家族を守っていけません。

確かに売り上げがないと会社は回って行きませんが、なによりも資金不足になった時に会社の命運が決まります。

その為なんとしても事業継続をして行くのに一番必要なのは、資金と利益を貯める「ダム式経営」なのです。

「ダム」のように会社の業績が良い時に貯めておいて、万が一の時に放流して従業員・取引先・顧客・社長の家族を守っていく事が最も必要なことです。

ようするにただの節税ではありません。

「事業継続」していく為のダムへの貯水なのです。

2020年11月吉日

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 会社の資産を100%儲けに貢献させる

  2. 資産とは何かを 頭に叩き込む

  3. 大企業と中小オーナー企業の本質の違いを心得る

  4. 「有頂天から始まる地獄」という宿命を肝に銘じる

  5. 万が一の時にお金を引っ張れるルートを多く持つ

  6. 決算申告時は過去思考だけで追われない

  7. 家族に対し「社長のお金の真実」を言って聞かせる!!

  8. 「言い値」だけではなく「言い払い」まで詰める

最近の記事 おすすめ記事
  1. 新入社員研修の様子_ツーレイ(202020)_川口潤
PAGE TOP